今月の営業日

ダイヤモンドの「クラリティ」とは、肉眼で判断しているのではありません

こんにちは、山崎博子です。

ダイヤモンドの4C。

●カラット(carat)
●カラー(color)
●クラリティ(clarity)
●カット(cut)

その中のクラリティ。とは、内部の特徴(インクルージョン)と外部の特徴(ブレミッシュ)を評価して表したものです。

FL、IF、 VVS1/2、 VS1/2、 SI1/2、 I1/2/3の11段階に分けて評価します。

クラリティ グレーディング (Clarity Grading)

FL(フローレス Flawless )
10倍に拡大して見ても、インクルージョンやブレミッシュが見えない。
IF(インターナリーフローレス Internally Flawless )
10倍に拡大して見ても、インクルージョンが見えず、ごくわずかなブレミッシュのみ見える。
VVS1/VVS2(ベリーベリースライトリー インクルーデッド Very Very Slightly Included) 
10倍に拡大して見ても、見つけるのが困難な微小なインクルージョンがある。
VVS1では、極端に困難で、VVS2では、非常に困難である。
VS1/VS2(ベリースライトリー インクルーデッド Very Slightly Included) 
10倍に拡大して見ても、見つけるのが困難なものから、やや容易なものまで、
軽度なインクルージョンが含まれている。
SI1/SI2(スライトリー インクルーデッド  Slightly Included) 
10倍に拡大すると明瞭に見えるインクルージョンが含まれている。
I1/I2/I3(インクルーデッド  Included)
10倍に拡大すると顕著に見えるインクルージョンが含まれている。

訓練を受けたグレーダー(専門家)が、10倍の完全補正した拡大鏡(顕微鏡またはルーペ)を用いて効果的な照明の下で作業することを前提としています。

ここで、注意していただきたいのは、2つです。

ひとつは、

訓練を受けたグレーダー(専門家)が鑑定する

ということ。

そして二つめは、

10倍の完全補正した拡大鏡(顕微鏡またはルーペ)を用いて

ということです。

ですから、一般の方が、例えば、

・0.2~0.3ctで(エンゲージリングなどでは一般的な大きさ)のダイヤモンドを、
・ちらっと肉眼で見て、
・あらインクルージョンがこことここに、はっきり見えるわー ということは、ほぼ

ありません。

あるとしたら、よほど大きなインクルージョン、ないしは、ブレミッシュがある。
(そのくらいの大きさのものですと、ダイヤモンドの耐久性に問題があります)

または、小さいものが、すごーく良く見える視力!をお持ちの方(笑

,

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: plotting.jpg

これは、私がGIAで勉強をしていた時の、ノートなのですが。。(きたなくてスミマセンm(__)m)

インクルージョンやブレミッシュの種類(名称や形)が書いてあります。

グレーディングする際、プロッティングといって、顕微鏡でダイヤモンドを見ながら、書き留めていくのです。

インクルージョンとひとくちに言っても、「フェザー」「内包結晶」「クラウド」など約15種類。

ブレミッシュは、「エキストラ ファセット」「ナチュラル」など10種類ほど あります。

どの位置にどのような大きさのインクルージョン、ブレミッシュがあるか、ということによって、それぞれのダイヤモンドを識別することができます。

ですから、インクルージョン、ブレミッシュは、そのダイヤモンドの個性ともいえますね。

そう、

インクルージョンは、ワルものというわけでもないのです。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる